97%の男性がしているセックスにおける挿入の失敗

画像1

97%の男性が挿入後“ピストン運動”のみを必死にやっています。あなたははいかがですか?実は挿入で女性を満足させられない最大の原因。それがこのピストン運動なんです。

何故ピストン運動では女性を満足させられないのか。それを説明していきますね。

女性の膣内は男性が考えているほど敏感ではないんです。もちろんGスポットなどの性感帯は存在していますしこうした部分の感度は飛び抜けて高いのです。しかし、こうした性感帯を的確に刺激しない限り、膣の中をいくら突いても思ったような快感を与えることができないんですね。

ペニスでGスポットを的確に刺激できますか?それは不可能に近いですよね?ほとんどの男性がこの事を理解しないまま空しくピストン運動を繰り返しているんです。

確かにアダルトビデオを見ると男優がピストン運動をして女優を喜ばせているように見えます。あれは過剰な“演出”なんです。見る立場として考えればすぐ分かることです。だって、激しいピストン運動をしてそれに合わせて女が喘いでいなければ見ていて面白くも何ともないですからね。

アダルトビデオの挿入シーンを真に受けていては、いつになっても女性を本当に感じさせることはできません。

>>>女性を絶頂に導く挿入の仕方とは?詳しく知りたい方はこちら。

女性を感じさせる挿入の仕方

画像2

のような挿入なら女性を喜ばせることができるのか。それは"密着"を大切にすることです。

過剰なピストン運動をするのではなく、性器と性器を密着させるのです。密着するわけですから、当然ピストン運動は不要になるということですね。これによって女性に快感を与えることが可能になります。

密着させた後は性器と性器が離れないように動くんです。この方法だと前後に擦る運動がなくなるため射精までの時間を延ばすこともできます。射精時間が長くなる上に、女性に大きな快感を与えられる。まさに、理想的な挿入方法なわけです。

ただし密着した挿入するだけではまだ不十分です。必要なのは、挿入しながら他の性感帯を責めること。乳首や、うなじ、耳、口などを手と口で愛撫していきましょう。

ピストン運動をしている人はこれがほとんど出来ていないんですね。腰を動かすことだけに必死になってしまっている。これでは、女性に本当の快感を与えることなんてできません。

同時多発的に、いろいろな性感帯を責めることで、今まで蓄積してきた快感を一気に爆発させることが可能になるわけです。挿入だけで快感を与えられるという思考を捨ててください。挿入と、その他の性感帯を複合的に責めることによって、女性に超快感を与えることができるのです。

女性をイカせやすい体位

画像3

入と体位はきっても切り離せない関係があります。一般的には1回のセックスで3~4回は体位を変えている人が多いようです。体位を変えなければいけないと思っている人が多いんですね。

実は、体位を変えすぎのは逆効果になります。体位を変えるごとに、女性の快感の流れを分断してしまう危険性が高まります。せっかく、盛り上がってきたのに体位を変えられたことで集中できなくなるわけです。セックスが上手い男性は、一回のセックスで利用する体位は1つないしは、2つ程度なのです。

体位をめまぐるしく変えるのは、AVの影響が大きいんです。でも、あなたは人に見せるためにセックスをしているわけではないですよね?だから、AVの真似をする必要はないんです。むしろ、真似をしてはダメなんです。

肝心の女性に快感を与えやすい体位ですが・・・。これはダントツで“正常位”なんです。先ほども描いた性器と性器を密着させること。これを最も簡単に行えるのが正常位なんです。地味と思うかもしれません。しかし「女性を気持ちよくさせる」観点からすればアクロバティックな体位などは無駄でしかありません。

挿入と体位。これらの誤った意識を正すだけでも、あなたのセックスは格段に向上します。今回書いたことは、常に頭に入れておいてくださいね。

>>>もっと何度も女性をイカせる優越感を味わいたい人はこちら

このページの先頭へ